About me

Photographer 野坂知子(早野) 

Tomoko Nosaka 

​1978生まれ 千葉県船橋市出身

 

日本大学芸術学部写真学科 卒業

​卒業制作にて、芸術学部長賞受賞

在学中3年間、マガジンハウスBRUTUS編集部にてカメラアシスタント

学習研究社(現:学研ホールデイングス)写真部 入社

5年間の勤務後、

米国ニューヨークへ留学

International Center of Photography (ICP)にてモノクロ写真、

School of Visual Arts にてポートレート写真のワークショップを受講

帰国後、フリーランスフォトグラファーとして雑誌を中心に活動

​都内のマタニティ専門スタジオstudio navel (スタジオネーブル)の立ち上げに参加

​出産を機にmint photography を立ち上げる

​二児の母

Works

一個人(KKベストセラーズ) 

レタスクラブ(角川マガジンズ) 

Mart(光文社)

ピチレモン(学研)

Get Navi(学研)

おはよう奥さん(学研)

​おはよう赤ちゃん(学研)

ムー(学研)

Pre-mo(主婦の友社)

たまごクラブ(ベネッセ) など多数

Awards

日本大学芸術学部長賞 受賞

清里フォトミュージアム 作品収蔵

ヤングポートフォリオ展 2001年、2002年

Exhibition

ヤングポートフォリオ展(清里フォトミュージアム

あじさい会(オリンパスギャラリー)

ニューヨーク時代のブログ

047-07.png

とても内容がお恥ずかしいのですが、ICPやSVAに興味のある学生さんなどの御参考の為

mint photographyが大切にしていること

今、この瞬間の儚さと愛おしさ、将来見返した時にきっと素晴らしものを提供できる喜びを持って、皆様にカメラを向けております。

私自身、船橋で生まれ育ち、現在この地で子育てをしています。

子供が3歳のお誕生日を迎えた時、私と子供と一緒に撮影して欲しいなあと、近所で写真館なるものを探したのですが、なかなかいいと思える写真館がなく、当日予約できる妥協を重ねた場所での撮影は、子供がなぜか泣き叫び、決していい思い出にはなりませんでした。。。

子供が泣き叫ぼうが、逃げ出そうとしようが、時間によって管理され、撮影枚数やカット数も厳密に指示されました。

以上のような体験を経て、やっぱり自分の写真も自分で撮影しようと思ったのと、このような想いをお客様には絶対にさせたくはない、

と心から思ったのでした。

お子様が泣いても、泣き止むタイミングを待ち、ご機嫌を取り戻す時間をかけ、できれば皆で笑って欲しい。

同時に、写真さえ良ければいいという、時代錯誤のカメラマンにはなりたくない。

その写真に撮られるという体験も、心温まる思い出になって欲しい、そんなことを思っています。

何十年後に、自分が思っている以上の価値のある写真となっているはずです。

一枚の写真から、聞こえない音を聞き、見えない風景を見て、心が震える画をご提供する、そんなスタジオです。

皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

mint photography 野坂

© 2020 mint photography All Rights Reserved.